<< ヒューレットパッカードが蜷川実花さんの写真をインクジェットで出力した写真展 | main | Rainbow7の現像トラブルの報告がネットで流れていました >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


SolarisとAGFA Vistaの見た目比較

おっはようございます、イエロージャケット千駄木店です。月曜日+寒い朝、ってある意味最強ですよね。おっしゃああああとか、大声出して気持ち奮い立たせての出勤です。今週もほどほどで行かせてもらいますよー。

えー、ちょっと前にferrania社のソラリスが日本でも買えるようになった、と書きましたが、あれってちょっと前までPARADE100を売っていたTokyo Gratzyブランドの株式会社フーヴィが一枚噛んでいたんですね。

■Tokyo Gratzy
http://tokyo-gratzy.com/

ferrania solarisの特設ページも設けられています。
http://ferrania.jp/

と、言うわけで。早速買ってみましたよ、っと。

ソラリス

箱を開けてみて気付いたのですが、フィルムの入っているプラケースが新AGFA VISTAと同じでした。

solaris

ケースが同じということは、つまり同系列の工場で作っているという事かもしれません。たまたま持っていたアグファビスタと、今回買ったソラリスとどちらも感度100のものがあったので、フィルムの見た目だけでもちょっと比べてみました。見づらいかも知れませんが、ちょっとご覧下さいな。

ソラリス

パトローネのつくりが一緒。シールで商品名が書かれているところも同じです。ちなみにこのパトローネの作りは、Lomographyフィルムも一緒です。

solaris

乳剤面の色も、違いが分かりません。

solaris

ベース面も。

--
写りを色々と比べてみないと詳しいことは分からないのですが、元々は違う会社の商品でしたが、今では作っているところは同じ系列でやっているのかもしれません。またフィルムの特性も大幅には違わないということもありえるかもしれません。ただ、そうであれば、アグファが1本約500円なのに対し、ソラリスは1本300円強なので、ソラリスのがコストパフォーマンスはお得かも!?

…と、色々と想像してみましたが、あくまで予想の範囲のこと、厳密な検証ではないことを、ご了承くださいませ。実際の違いは、皆さんが使ってみて判断してください。

JUGEMテーマ:写真



スポンサーサイト

  • 2015.05.08 Friday
  • -
  • 12:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちは。こちらのフィルムを扱っているショップです。輸入元から聞いた話ですが、アグファのフィルムの生産はソラリスの工場で生産しているそうです。
  • アンディ
  • 2008/08/01 3:35 PM
こんにちわ。複数の写真店から聞いた話しですが、
1.Vista100とSolaris100は同じフィルム
2.Vista400とPowerShovel版Vista400の発色は違う
3.PowerShovel版Vista400とSolaris400は同じフィルム
というものです。真偽のほどはわかりませんが、参考までに。
全部、同じ工場の同じラインで生産
されております。
工場のAS(作業標準書)を見比べてみるとAGFAもSoiarisも同じです
パッケージが違うだけで同一商品です
  • 白樺
  • 2009/10/31 10:58 PM
はじめまして。
パトローネなどを統一しないと利益が残らないのでしょうか?
フォマパンのパトローネも、どうやらソラリス400などと同じパトローネ(印刷もカラーネガのまま)を使っているようで、上にシールを張っています。
フォマパンも同じ工場で作っているのでしょうかね?
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
links
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM